Googleアドセンス広告コードの貼り方と広告表示を、わかりやすく解説!

こんにちは

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

今回は、

取得したGoogleアドセンス広告コードを

使って、サイトのTOPページ記事内

広告を設置(表示)するやり方について

学んで行きます。

 

詳細については以下の講義動画で

解説していますので

一緒に学んで行きましょう!(*´∇`)ノ

1.Googleアドセンス広告
の貼り方と広告表示の
講義動画(記事の側)

Googleアドセンス管理画面への
ログインURLはこちら

https://www.google.co.jp/adsense/start/#!#%3Fmodal_active=none

※右上の「ログイン」をクリック

スポンサーリンクの表記コード

 

<center>スポンサーリンク</center>

※スポンサーリンクの文字を
「広告」にしてもOKです。

2.Googleアドセンス広告
の貼り方と広告表示の
講義動画(記事

 

最初に広告が表示されるまでに

20~30分から1時間ほどかかる場合もありますので

貼り付け後、すぐに表示されない事がある

ということは

前もって把握しておいてください(^-^)

Googleアドセンス広告の種類について

Googleアドセンス広告

2019年現在

自動広告』と『広告ユニット(=手動)』の

2種類があります。

 

元々は手動で貼り付ける

広告ユニットしかありませんでした

2018年2月に『自動広告』が誕生し、

記事作成者が任意の位置に

広告ユニットを設置しなくても

GoogleのAIロボットが

サイトのTOPページや記事内における

スペースを認識し、

適切な広告ユニットを自動で貼り付けてくれる

機能『自動広告』がスタートしました。

 

2種類の広告

併用して使用することもできますし

どちらか片方だけを使用することもできます。

以下に、それぞれの広告設置方法を

ご案内しますね(^-^)

広告ユニット記事内に貼る手順

 

こちらは、広告を

記事の中の任意の箇所へ貼るやり方(手動)

について解説します(^-^)

 

手順

広告ユニットの作成

まずGoogleアドセンスの管理画面

ログインします。

管理画面のURLはコチラです

https://www.google.com/adsense/

 

この後、記事内の任意の箇所に

先ほどコピーした広告ユニットの

コードを貼り付けます

以下、その手順を解説します(^-^)

 

記事内に広告ユニットのコードを貼る

 

※目次を自動生成するプラグイン

Easy Table of Contents」を導入している場合は

見出しすぐ上に目次が自動生成されますので、

冒頭文のすぐ下広告コードを入力すればOKです。

この場合、目次のすぐ上に広告が表示されます。

 

ただし…

記事を書くたびに毎回この作業を行うのは、

とても大変なので

推奨しているプラグイン

「AddQuicktag/アドクイックタグ」

使用すると、

大幅に広告を貼る手間が省けます。

 

上記の動画

2.Googleアドセンス広告
の貼り方と広告表示の
講義動画(記事内側)

を参考に設定と貼り付けを行ってみてください。

 

もしまだこのプラグインを

導入をされていない場合は

先にこちらから行ってみてください。

作業効率UP!AddQuicktagの導入・設定とカンタンな使い方

自動広告設置について

実は2019年10月に

Googleが新しい自動広告を発表

その適用が開始されました。

 

以前は

自動広告の取得コード

サイトのheadタグ内に

設置する必要がありましたが、

この新しい自動広告により、

その作業をする必要性は無くなりました。

 

そして2020年1月時点においては

以下のような手順を行うだけで

自動広告表示されるようになっています。

 

以上です (^-^)

 

ちなみに『自動広告』を

オフにしたい場合には

以下のように行います。

 

スポンサーリンク」と「広告
表記ルールについて

上の講義動画でも少し触れていますが、

2019年7月時点において

アドセンス広告の上に表記する

スポンサーリンク広告

について、ネット上では

表記自体が不要である

との意見があります。

 

その主たる理由は

Googleアドセンスのヘルプに

記載されている、

この文言の解釈によるものと思われます。

広告のラベル表示

AdSense の広告ユニットには、
「広告」と「スポンサーリンク」の
いずれかのラベルを表示できます。
他の種類のラベルは、
現時点では許可されません。
詳細については、
広告のプレースメントに関する
ポリシーをご覧ください。

出典元:https://support.google.com/adsense/answer/4533986?hl=ja

 

この「表示できます」という箇所を

任意」と解釈している方が

表記不要」と唱えているようです。

 

確かに、この書き方では

そのような解釈もできますが

現時点でGoogleは

表記不要を断言していません。

さらに、Googleの理念である「10の事実」

においても、以下のように明記しています。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
Google が掲載する広告には、
スポンサーによる広告リンク
(スポンサーリンク)であることを
必ず明記しているため、
検索結果の完全性が損なわれません。

出典元:「10の事実

https://www.google.com/intl/ja_zz/about/philosophy.html

 

このことから、当サイトでは

広告に表記するラベルについては

必ず付けるように推奨しています。

 

いかがだったでしょうか?

広告の設置自体、

決して難しくはないですよね?

さらに

アドクイックタグを使用することで

作業性が向上しますので

このプラグインは必ず導入するように

してください(*´∇`)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください