作業効率UP!AddQuicktagの導入・設定とカンタンな使い方

こんにちは

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

今回の授業では、

記事作成時に毎回行う、

Googleアドセンスの貼り付けなど

コードタグを一瞬で貼り付けする

ことができるプラグイン・

AddQuicktag
(アドクイックタグ)

導入設定使い方

について学んでいきます!(*´∇`)ノ

 

コードタグとは(o’ω’o)?

たとえば、あなたのサイトが

収益を出せるようになるには、

Googleアドセンスという広告を

記事内に貼り付けて、その広告を

読者様がクリックしてくれて

初めて収益が発生します。

 

この広告Googleから「広告コード

というものを取得できて、

初めて貼り付けることが

できるようになるんですね。

 

【記事内に入力する広告コードの一例】

※モザイク箇所に広告コードが書かれています。

広告コードを貼り付けると…

 

それをネット上に公開すると…

※モザイク箇所が実際に表示される広告です

 

このコードの貼り付けを

毎回の記事執筆の度に行っていては

大変な作業となってしまいます。

そこで、

その手間を大幅に解消することができるのが

AddQuicktag
(アドクイックタグ)

というプラグインです(*´∇`)ノ

 

詳しい内容については

以下の講義動画でまとめていますので

早速、一緒に学んで行きましょう!

1.AddQuicktagの
導入・設定と使い方の講義動画

プラグイン⇒新規追加⇒
「プラグインの検索」に入力する文字列

 

AddQuicktag

Googleアドセンスの広告コード補足

動画内でも説明していますが、

あなたのサイトに広告コードを貼るためには

まず、Googleアドセンスの

審査を通過しなければなりません。

 

当無料コンテンツ「Affistyle TextBook」の

流れからいえば

終礼」のカリキュラムを終えたあと

審査用の記事を書いて、それを

Googleアドセンスの審査に提出します。

 

その後、メールで送られてくる

審査結果が「合格ならば

一緒に送られてくる広告コードを

ご自分の記事に貼り付けることが

できるようになり、

収益を得られる準備が整う、

といったものです(^-^)

 

Googleアドセンス広告コード

取得においては、まだ

AddQuicktag
(アドクイックタグ)

使用する機会はないとは思いますが、

今後、必須となるプラグインですので、

せめて導入だけでも

完了させておいてくださいね(*´∇`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください