明日やろうはバカ野郎とはよく言ったもので~先延ばしの正体~

こんにちは

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

今回は

時間」に関する授業の第2弾として

先延ばしの正体について

学んでいきます(^-^)

 

いつものように、

詳細については以下の講義動画で

解説していますので、

早速、一緒に学んでいきましょう(o´▽`o)

1.先延ばしの正体の講義動画

【前編】

【後編】

1.「明日やろうはバカ野郎」とは?

明日やろう!と言う奴は、

いつまで経っても先延ばしばかりで

成長しないバカ野郎だ」という意味。

 

2.人(生物)の願望は「怠けること」

人も動物も植物も、この世の生物はみんな

怠けるように元からプログラムされている。

 

つまり人は大変なことや

経験したことのないことを避け、

現状維持を最も好む生き物である

 

<恒常性維持機能(ホメオスタシス)>

例えば人は

熱くなって体温が上がれば、

汗をかいて体温を下げ、

平熱に戻そうとする。

また、ケガをして傷口ができれば、

そこから血液が出てその傷口を埋めて修復

する。

こういった働きのことを

恒常性維持機能(ホメオスタシス)

といいます。

分かりやすくいえば

環境が変化しても、

カラダを一定の状態に維持する、

または元の状態へ戻そうとする働きのこと。

 

このホメオスタシス

肉体面にだけ備わっているのではなく

精神面にも同じように備わっている

 

 

3.先延ばしの正体。
それは精神面のホメオスタシス

安定した環境を「心地よい」と

感じる感覚のことを

コンフォートゾーンという。

 

人はみんな自分の頭の中に 

コンフォートゾーンを持っています

精神面でのホメオスタシスが働き、

自分が「面倒だな~」と感じることに

取り組む前の状態(コンフォートゾーン

へ戻ろうとするから

新しいこと、困難なことが長続きせず、

ついつい先延ばししてしまう…

というわけなのです(‘ω’)

 

あなたが先延ばししようとしたとき

もうすでにホメオスタシスが働いて

コンフォートゾーンの中へ

戻り始めている証拠です

 

 

4.先延ばしをしないためには?

頭の中のコンフォートゾーンに

戻ろうとする前か、

戻り始めた時にすぐ行動する!
その面倒な事にすぐ取り掛かる

ということ。

何も考えず、無条件で取り掛かること!

 

 

5.人はコンフォートゾーンの
外に出ないと成長しない。

コンフォートゾーンの外に出る

ということは

新しいことに挑戦する、

自分の殻を破るということです。

自ら殻を破らず、

外の世界を知ることの無いヒナは

やがて殻の中で短い生涯を

終えてしまいます。

 

自分を成長させたければ、

ガンガンとコンフォートゾーンの外に

飛び出しましょう!(*´∇`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください