老後や将来に不安を感じている人の行動・対策や計画とは?【100人アンケート】

こんにちは 

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

2020年もあっという間にスタートし

気付けば1月も半分を過ぎてしまいましたね。

 

新しい年が明けて

希望に満ちている人もいれば

反対に

不安や絶望を感じてしまっている人

もしかしたらいるかもしれません。

 

毎年、

新しい年を迎えるたびに

今年こそは良い年にするぞ!

と意気込むも、

その年の年末頃には

 

今年はあまり良い年じゃなかなったな…

来年ことは良い年になるといいな…

 

などと、気付けば

 

ずっと良い年じゃなかった

の繰り返しをしているのでは

ないでしょうか;’∀’)

 

なので今回は

果たして世の中の人たちは

あなたと同じように

「良くなかった年を過ごし続け、

また、今後の将来や老後に対する

不安も抱えているものなのか?」

 

そして

不安があるとしたら
(あるいは無いとしたら)

何か具体的な行動や対策・計画などに

取り組んでいるものなのか?

について

あらゆる年代・性別・職業別に分けて

100人アンケートを実施してみましたので

その一部をご紹介したいと思います。

※アンケートにご協力頂いた方々には
心から深く感謝致します。
本当にありがとうございました!

 

では、早速参りましょう!(*´∇`)ノ

もくじ

<10代男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

学生

 

有り
老後の年金がしっかりもらえるかが
わからないから

⇒少しずつお金をためて、
資産運用できるように勉強をしている

<20代男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

自営業

 

経済的な不安です。
フリーランスなので。

⇒常に最新のスキルを身につけるように
しています。

会社員

 

有り。
今の仕事の収入で
将来やりくりできるのか。
70歳になってもはたらかないと
いけないのか。
年金がなくなったら、
代わりの制度はできるのかなど
行き先不安すぎる。
社会保険などを払っていても
保障のない将来なら、
海外に移住するべきな気もします。

⇒会社で雇ってもらえなくても
自分で稼げる力を身につけようと
考えています。

会社員

 

有り
⇒公的年金制度の崩壊を示唆して、
個人型確定拠出年金と企業年金、
投資信託、変額保険を用いた
ポートフォリオを実践しています。

会社員

 

有り 死ぬまで生活できるだけの金を
用意できるかどうか不安だから

 

⇒株式による資産運用と
給与からの天引きによる
自主的な貯金をするようにしてます、

自営業

 

有り
⇒頑張ってお金を貯めてます

学生

 

有り 年金は全くもらえないと
思っているため。

⇒不労所得を得られるように
資産運用を行なっています。

<20代女性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

無職

 

不安はあります。
現在の状態でも心配ですが、
いずれ思うように
体が動かなくなることもあると思うので、
その時にいくらお金があるか心配です。

 

⇒積み立てや貯金をしています。
投資などにも取り組んでみたいと
思っています。

自営業

 

有り。現在ふらふらと
フリーランスの仕事をしているため。

⇒一年間と期限を決め、
それで生活の目途が立たなかったら
他の仕事を考えるつもりでいる。
そういう心づもりで頑張っている。

学生

 

有り。ゆくゆくはプロの人と
一緒に立つことを仕事にしたいと
考えているが、
生活を成り立たせつつ、
自分の夢を叶える事が
できるかどうか心配だから。

⇒現在のところは空き時間で
ダンスの教室に通っている。
これからについては
何通りかの案を考えている。
内一つは、卒業後、都市部の企業に就職し、
空き時間でプロも所属する劇団等に入り
練習を続け、上達したら夢を追いつつ
正社員として働ける某企業へ転職する
という案である。
また卒業後、経験不問のサーカス団に
演者(正社員)として入団するという案もある。
しかし、自分に潜在能力があるのか、
あればどれくらいなのかも不明確な上、
不安定な業種であるため、
他にも多くの可能性があると思う。

自営業

 

有り 現在経済的な面で安定しているとは
言えないので稼ぎや貯えに関して不安がある

⇒貯金が何万円以下にならないように
自分で制限を設けている
(例えば60万円くらいの貯金があるとして、
買い物などをしても絶対に50万円以下には
ならないようにする。給料が入るなどして
貯金額が増えるのに応じ設定額を変える)

無職

 

有り。色々ありますが、1番は金銭面です。
年金とかあてに出来ないので、
医療費や生活費が絶対足りない
だろうなと不安です。

⇒とりあえず、副業とかで
肉体労働しなくてもある程度稼ぐ事が
出来る選択肢を広げたいと思っています。
高収入じゃなくても自分の出来る範囲を
確認していきたいです。
仕事を全くしない老後は考えていません。

無職

 

有り 年金がもらえるかわからないから
⇒貯金

<30代男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

自営業

 

あります。会社員ではないので
厚生年金などもなく、
現在は国民年金だけしか
払っていないので金銭的に将来が不安です。

 

⇒CMで国民年金基金など
自営業を対象にした年金があるので、
そちらを考えていますが、
ほかの税金が高くて
まだ加入は見合わせています。

会社員

 

有り 老後の年金
⇒養老保険に加入している

会社員

 

有り、お金の心配がつきまとう。
正社員ではないので保証がないし、
健康が損なわれたら
働けなくなるので心配。

⇒株式投資など会社以外で稼げるものを
勉強している。

会社員

 

有り

仕事があるのかが不安

⇒手に職を付けようかと健闘中

会社員

 

有り
少子高齢化が進み、日本全体の市場が
シュリンクしていく中で、自分自身
今身につけようとしているスキルや能力で
実際どこまで豊かな生活を
おくることができるのか。
また、現在は両親が健康ではあるが、
今後介護などが必要になった場合に、
子育てとの両立をどのように考えるか、など。

 

⇒まず会社や場所に限定されない働き方が
できるよう、自分自身のポジションが
しっかりととれるよう、
日々の仕事以外に副収入を持つ
努力を行っている。
数年後にはテレワークをしながら
地方で子育てを行う計画である。
また、介護に関しては現段階では
具体的な計画は立てていないが、
金銭的な部分も含め、しっかりとした
対応ができるように、まずは今自分自身の
市場価値をあげることに重きをおく。

会社員

 

有り
・労働人口の減少による
年金受給金額の減額
・AIによる既存の仕事がなくなり、
仕事に就けない。

 

⇒・個人年金と投資信託による積立
・日々の生活の節約
・新しいスキルの習得

会社員

 

無し
⇒老後の資金は自身で株等で
運用した資金で賄うつもりです。

自営業

有り お金の心配です。
⇒毎月少し貯金しています。

会社員

 

有り。年金は法律上
支給されないことはないだろうが、
全く生活が成り立たない金額しか
想定していない。

⇒会社にぶら下がって搾取される身分から
脱却すべく、まずは副業から
実績と経験を積み、
自立的に稼げるようになり、
収入を増やす。

会社員

 

有り
30代に入り、周りで結婚をして
家庭を持つ人が増えてきているが、
自分自身はまだ独身であるため。

⇒貯金と資格取得に向けた
勉強などの自己啓発。

会社員

 

有り。貯蓄と資産形成。

⇒本業のスキマ時間を用いての
副業をスタートした。

自営業

 

有りです。理由としては、

金銭面や健康面です。
僕は東日本大震災によって
家族・親戚・友人知人を多数失いました。
よって天涯孤独なので、
金銭の不足や健康面は不安です。
健康面は日ごろから気を付けておりますし、
なるべく少しでも
貯金するようにしております。

⇒上記にも書きましたが、少しだけでも
貯金する事や、食生活等を見直して、
健康に過ごせるようにしております。
そして、お金を稼ぐ術を
もっと見出していかないと
金銭面は怖いです。

会社員

 

ないです。理由は毎日、家計簿を書き、
生活費のやりくりをして、
身の丈に合った生活をすれば
困らないと思うからです。

⇒前述したように
家計簿を書いていることと、
余ったお金を投資信託に充てること、
副業をしていることになります

会社員

 

有り 年金がもらえるのか不安なため

⇒投資を頑張っています。

会社員

 

有り。年金がもらえるのかも含めた
金銭的不安。
これ以上高齢化が進むと
年金が破綻するのではないかという不安。

⇒少しずつ投資を初めていること。

会社員

 

有り 理由は、次のとおりです。

・加齢による健康不安
・気候変動による住みにくさ
:台風、豪雨、暑さ
・年金受給額不足
・人口減少・少子高齢化による
地元(田舎)の衰退と住みにくさ
(定年後の雇用機会の減少、商店、商品、
医療、様々なサービスの質等の減少)

⇒・以前からですが、
健康増進のための禁煙、禁酒
・気候変動への備えと行動
・年金保険への加入
・婚活:家族を増やすため。
・老後もできる新しいビジネスの
起業と仲間づくり

会社員

 

有り 病気になった時どうするのかという
不安や老後に頼れる人は
いるのかという不安。

⇒月々の貯蓄額増やすために
無駄遣いをしないようにしている。
保険に入るのを検討している。

自営業

 

有り、現在の収入が少なく不安定である上、
今後改善する見込みがないため。

⇒社会人になった時から
わかっていたことですので、
質素倹約を徹底し、
貯蓄と投資を実践している。

<30代女性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

主婦

 

有り。経済面で不安があります。

⇒貯蓄に励んでいます。

主婦

 

有り どれ位年金が入るのか、
何才まで生きれるのか不安

⇒貯蓄型の生命保険に加入している。
健康で長生きできるように、
ヨガをしたり日頃から
運動を心がけている。

公務員

 

有る これまでも、
これからも低所得者であるから

⇒出来るだけ節約生活をして、
それに慣れて習慣づけることと、貯金。

自営業

 

有り / 貯蓄がない
・面倒を見てもらえるあてがない

⇒老後も働ける仕事をするための
スキルアップ

主婦

 

有ります。お金です。

⇒頑張って仕事をするしかないです。

自営業

 

有り 年金が明らかに足りなくて
困っています。

⇒毎月数万円ほど、
老後に備えて貯金をしています。

自営業

 

有り。老後の生活費

⇒貯蓄

自営業

 

ありです。職が不安定だからです。

⇒今のところありません。
でも、技術の勉強を続けるつもりです。
それで、仕事につながれば良いです。

主婦

 

有ります。年金がもらえるかどうか、
暮らしていけるのか不安です。

⇒毎月積み立てをしています。

主婦

 

有り。年金が貰えるか心配。

⇒毎月、決めた額を貯金する。

主婦

 

有り。年金では不十分だと思うし、
働けなくなったら金銭的に困ると思う。

⇒今から少しずつでも節約をして、
お金をためている。

主婦

 

有り。老後の生活資金や
子どもの将来についての確約がないから。

⇒とりあえず貯金している。

会社員

 

有り 老後の資金が
どのくらいかかるか不安

⇒できるだけ無駄使いはしないようにする

会社員

 

不安は有りです。お金が1番不安です。

⇒給料も低いし、正社員になれないし、
何をやっていいのかわからないので、
何も行動は起こしてないです。

無職

 

有り。異業種に転職活動の為に
学びなおしているので不安

⇒勉強する事

会社員

 

孤独死しそうで怖い

⇒兄弟と話し合っておく

<40代男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

会社員

 

理由は国の行く末含めた社会不安。
年金制度のの崩壊

⇒自己資金の強化。金の保有など

会社員

 

有り・このまま仕事が続けられるのか不安。

⇒地道に仕事を続けるしかない。

会社員

 

お金に余裕のある暮らしが
できるかどうかが不安です。

⇒現在は副業を視野に入れつつ、
webライティングやHTML、CSS、
SEOの勉強をしています。
またNISAで投資を行っています。

無職

 

とにかく将来の資金も含めてお金がない事。

⇒とにかく節約しつつ「うまい話はない」
事を前提に資金を集めること。

会社員

 

少しずつ積み立て預金をしている。

⇒給料上がる見込みがないから、
貯められるうちにためておく。
20年で2千万が目標。

無職

 

有り。老後の生活資金が足りるか。

⇒米国株投資

自営業

 

有り。お金の不安。
⇒投資。

会社員

 

有り、老後のお金が不安なので。

⇒個人年金保険への加入を検討しています。

会社員

 

あり とにかく加齢するにしたがい
身体に不具合がでてきている。
30代半ばから徐々にあちこち
悪くなっているので不安が大きい。

⇒アンチ・エイジングやジムでの
トレーニングで体力や肺活量が
衰えないようにしている。

会社員

 

不安はあります。一番はお金です。
少し前に「年金だけでは
生活費が2000万円不足」ということも
話題になりました。
我が家も貯蓄が少ないので、
非常に危惧しております。

⇒副業・投資をして将来に備えようと
考えております(投資信託・株式など)。

無職

 

有り、 貯蓄が全くない 
面倒を見てくれる人がいない

⇒とりあえず生活を切り詰めて
お金も稼げるようにする。

無職

 

有り 老後の生活資金
⇒資格を取る

会社員

 

有り。死ぬまでお金が持つか。

⇒貯蓄と健康に留意すること。
そして、働けるスキルを身に付けること。
死ぬまで働き続けるしかない。

自営業

 

自営業なので退職金が無いこと

⇒出来る限り長く働けるよう
健康に気を付けるため運動をしたり、
体に良いといわれる食品を
とるようにしている

会社員

 

あり。年金だけで
暮らしていけるのか不安です。

⇒なるべく節約して
積み立てとかもやってます。

<40代女性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

会社員

 

有ります。
子どもがいないので、独りになった方が
人の手を借りなければならなくなった時、
解決できるだけの経済力が
あるかどうかが不安です。

 

⇒派手な生活をしないで
お金を貯めておくことです。
70歳までに現金は5000万円にしたいです。

自営業

 

有り
⇒老後安心して暮せるように、
お金をためています。

自営業

 

有り。年金問題。
⇒60歳までに預貯金を増やす。

自営業

 

有り。貯金もできていないし
年金ももらえないから

⇒病気をしないよう
オーガニック製品を取り入れ
健康に留意している

主婦

 

お金も心配ですが、体も心配です。

⇒ジムで、運動をしています。

会社員

 

有り 老後資金が足りないと思われる。

⇒計画的に貯金をしている。

主婦

 

有り。子供がいないので、
身体が不自由になった際に
面倒を見てくれる人がいない。
また、自分が死亡した際の
始末をしてくれる人がいない。

⇒子供がいない人などを対象とした
介護サービスを見つけたいと思っている。

主婦

 

有り 年金です

⇒自分は 夫の扶養内でパート勤務を
していますがこれから少しでも
将来の年金のために扶養を外れて
働くか考えています。
子供もおおきくなったので。

主婦

 

将来への不安はある。
慢性の病気を抱えているので
長生きできるかが不安。

⇒定期的に検診を受け、長期入院に備えて
貯蓄と保険に加入している。

会社員

 

有り すごく長生きすると
独居老人となり、生活に不安がある。

⇒足腰を鍛えること。

主婦

 

あり、年金はどれくらいもらえるのか

⇒つみたてNISAを始めた。
月3万円で20年。1000万円になればと思う。

主婦

 

有り。金銭的な問題。

⇒積み立て貯金をしている。
投資もしてみたい。

自営業

 

有り 理由は、収入が少ないのと、
貯金が無いこと。子供が4歳と0歳で
これからお金がかかる。

⇒収入を上げる為、副業を考えている。

会社員

 

有り 収入について不安です

⇒少しつづ貯金し将来設計を立てています

<50代男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

会社員

 

老後の生活資金、公的年金への不信感から

⇒余裕資金での資産運用

自営業

 

思ったように体が動かなく
不安が、有ります。
それに伴って お金も不安になります。

⇒健康維持の為に、想定される習慣病対策
として、食事と運動に力を入れてます。

自営業

 

有り 貯金も無いし、
年金の支払いも不安

⇒なるべく節約に取り組んで、
少しづつお金を貯めている

会社員

 

有り。年金がどれたけもらえるか。

⇒副業を今のうちからやっておく。

自営業

 

有り・経済面と単身なこと
⇒貯金

会社員

 

有り 金銭問題
⇒資産運用

無職

 

有り 収入もない、頼れる人もいない
⇒特に何もない

自営業

 

・年金だけでは暮らしていけないこと
・70歳まで働けるか健康面が心配

⇒・今のうちから、
出費を減らして貯金を作っておく
・筋トレ、ウォーキング、
食事療法などを取り入れて
健康的な生活を送っている

会社員

 

有り。貯蓄不足。

⇒投資について勉強中。

会社員

 

子供が今フリーターをしているので、
将来きちんと自立しているかどうか。

⇒定職に就くように諭している。

自営業

 

有り
⇒年金だけでは、
どう考えても生活資金が足りない。

<50代女性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

会社員

 

有り 経済面
⇒副業としてクラウドソーシングを始めた

会社員

 

有り
⇒貯金を少しでもしようと思う。

自営業

 

有り  独身なので、
老後に病に臥せった時に
介護してくれる人がいない。

⇒いざとなった時に
介護施設に入れるように、
老後の生活のための資金を
少しずつ貯めている。
また、そのために出来るだけ
倹約した生活をしている。

主婦

 

有り 実家に住んでいますが、
老朽化してきているので、
今後どうするのが最良なのか考えています。

⇒特に取り組みはまだありませんが、
手放すのも大変なので転居はしない方向で
考えたいと思います。

主婦

 

特にありません。
持ち家で借金がないからだと思ってます。

⇒無駄遣いせずに、
コツコツと貯蓄をすることです。

<60代男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

無職

 

有り 子供が遠隔地なので

⇒預金を増やす事しか

自営業

 

有り 年金だけでは、どう考えても
生活資金が足りない。

⇒資産運用に取り組んではいるけれども、
あまり芳しくはない。

無職

 

健康面 ガン 加齢による、認知症

⇒認知症 頭を使うことを行う
(読書、文章を書く)

<70代以上男性>老後や将来への不安は?
その理由はなんですか?

現在の行動・対策・計画
していることは?

無職

 

有り 今の年金の水準が
いつまで保てるか

⇒飲食費や交際費を節約している

老後将来不安を感じていた
私ケチャンが考え、行動したこと

いかがでしょうか?

アンケート結果を改めて整理してみると

10代~20代の若い世代であっても

今の日本の将来、年金制度などに

大きな不安を抱えている

ということがわかります。

 

そして

30代~50では、やはり

お子さん、ご家族に対するものや

お金(貯蓄)への不安だったり、

ご自身の健康面に対する不安

持ち始めている、ということがわかりました。

 

60代以上になると

健康面年金への不安(不満)

といったものが多いようです。

 

アンケートにご回答頂いた方の中には

すでに将来を見据え

収入の一部をきちんと貯蓄したり、

お金を増やすための投資を実践していたり

勉強中であったり。

また、個人年金への加入の

実施・検討などで資産を少しでも

増やす、運用するといった努力を

されている方も見られました。

 

私ケチャンプロフィール

ご存知方であればすでにお分かりかと

思いますが、

私は物心がついた時から患っている

持病の糖尿病を抱えながら

過去には何度も転職を繰り返し

また大きなストレス過労により

ドクターストップがかかるなどで

会社からも

退職勧告を受けたことがありました。

 

なので、会社員時代

将来お金に対する不安

といったら、

それは物凄く大きなものでした。

 

しかし、

最後の退職の時にはもうすでに

サラリーマンとして働く気はゼロでした。

そしてこれからは

人に雇われながらの

経済的にも精神的にも不安定な

生き方をするのではなく

 

自分の力だけで稼ぎ、

また、体にとっても負担の無い、

イキイキとした生き方をしたい。

そのためにはどうするべきか?

を模索した結果、

現在取り組んでいる

インターネットを使ったビジネスである

アフィリエイト に出会いました(^-^)

 

そして現在は

パソコン一台ネット環境さえあれば

どこにいても仕事(記事書き)ができるので

経済的自由・時間的自由と

ストレスのない生活を、

毎日送ることができています(^-^)

 

まさにこれは私が

会社員時代に目指していた

 

心にも体にも優しい生き方

 

を実現させているわけです(*´∇`)ノ

 

もしも、あなたが今

これからの将来や老後に対して

少しでも不安を抱えているのであれば

アフィリエイト自ら稼ぐ力

身に付けられることを

強くおススメします。

・毎日、会社に通う必要もない

 

・嫌な人間関係に悩まされることもない

 

・目覚ましを掛けることなく
自分の好きな時間に起きるとができる

 

・自宅やカフェなどで
自分の好きな時間に仕事ができる

 

・子供との時間を
たくさん作ることができる

 

・好きなことを我慢して
無理に貯金する必要もない

 

・稼ぐ仕組みさえ作っておけば、
たとえ体調を崩して入院してしまった
としても収益が入ってくる …etc

こういった人生を歩んでみたい!

少しでも思ったのであれば是非、下の

無料メール講座(メルマガ)」に登録して

完全初心者向け

無料アフィリエイトWEB教科書
Affistyle TextBook(ATB)】

を手に入れてみてください(*´∇`)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください