今、なぜ国や企業が副業を認める傾向にあるのか?

こんにちは

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

あなたは

なぜ国や企業が副業を認める方向に

シフトしているのか?という理由

ご存知でしょうか?

 

過去において、正社員は

入社時に副業を禁止する旨を示した

書類を提示して、社員はそれに同意するよう

求められました。

そしてそれは当然のものとして

受け入れるのが一般的でした(‘ω’)

 

しかし、ここ数年前から

このようないわゆる

「副業禁止」の風潮が段々と

変わってきているんです。

 

その辺りについての

詳しい話はこれからご紹介する

講義動画でわかりますので

早速、一緒に学んで行きましょう!(*´∇`)ノ

1.今、なぜ国や企業が
副業を認める傾向にあるのか?

いかがだったでしょうか?

企業が着々と副業解禁へと

シフトしているだけでなく

それに伴って、

国も今までの考えを180度変えて

日本の会社での働き方についての方針を

転換しました。

 

とはいっても、

まだまだ日本の会社の現状は

大企業・中小企業を併せても

およそ全体の15%程度しか

副業を認めていないと言われています。

 

そして、副業を希望する人もごく少数です。

これらの結果については

講義動画でも説明しているように

日本の企業は未だに古い考えの元で
自分たちの社員を会社に縛り付けて
おこうとしている。

 

その社員たちも、毎日の膨大な業務に
追われ過ぎていて、とても労働時間外や
休みの日に副業をしようとする
体力や気力がない、

ということなのだと感じます

副業を認める企業が増えた要因

 

・最大の要因は人手不足

・企業そのものの体力が落ちている

ただし…

人手不足がより深刻化し、

企業自体の存続が成り立たなくなった時、

真っ先に大きなダメージを受けるのは…??

そう。社員以外の何者ではないですよね(;´Д`A 

 

それでもあなたは

その会社にだけ勤めるという一択を

選び続けますか?

今なぜ国や企業が少しずつ

副業容認へとシフトしているのか?

今一度、考えるべき時が

来ているのかもしれません。

 

最後に

リアルビジネスであっても、

ネットビジネスであっても

収入を得る口をたった一つだけにしてしまう

という事は、とても怖いことです。

これからの時代は、より柔軟な頭で、

様々な事にチャレンジするマインドセットが

とても重要になってくると思います(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください