ワードプレスのプラグイン Classic Editor(クラシックエディター)導入のやり方

こんにちは

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

今回の授業では

ワードプレスのエディター
(記事作成ツール)

の現行仕様から旧仕様に変更する

プラグイン・

Classic Editor(クラシックエディター)導入

やり方についてご案内します!(*´∇`)ノ

 

現行のエディター・

Gutenberg (グーテンベルク)

私のような、現行エディターに変更する前

から使っている旧エディター使用者

にとっては、少々使いづらく、

旧ディターのほうが

見た目もシンプルで使いやすい

という印象があります(^-^)

 

なので、現在のワードプレスを

インストールすると

標準仕様となっている

Gutenberg (グーテンベルク)を

あえて使わず

旧エディター・
Classic Editor(クラシックエディター)

をインストールして使用するやり方

ご案内します(*´∇`)ノ

1、Classic Editor
(クラシックエディター)導入
のやり方講義動画

プラグイン⇒新規追加⇒
「プラグインの検索」に入力する文字列

 

Classic Editor

 

この講義動画をご覧頂ければ

おわかりのように、

Classic Editor(クラシックエディター)

をインストールすれば、

すぐに使用することができますし、

見た目も使い方もシンプルなので

個人的にはとてもおススメ

エディターです(*´∇`)ノ

 

もちろん、

現行のエディター・

Gutenberg (グーテンベルク)

の方が使いやすいという方は、

そのままお使い頂いて結構ですよ(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください