サザエさんのエンディングが憂鬱…日曜日と月曜日を克服する方法はある?

こんにちは 

Kechan(ケチャン)です(‘ω’)

 

サラリーマンであれば

誰しもが感じている、

日曜日の夕方に襲ってくる憂鬱

そして、それが毎週繰り返される

ことにより

会社に行きたくない。辞めたい

と強く思ってしまう状態。

 

それが

サザエさん症候群
(サザエさんシンドローム) です(´・ω・`)

 

この記事では、

そんなサザエさんに対する恐怖

サザエさんのエンディングが始まると

強烈に感じる憂鬱

そして、そんな日曜日と月曜日を

克服する方法は、果たしてあるのか?

について、考えてみました。

1.そもそも、
サザエさん症候群とは?

サザエさん症候群

毎週日曜日の夕方に

テレビ放送されている

国民的人気アニメ「サザエさん」

が始まり頃から、

その日の深夜にかけて、

 

また明日から一週間、仕事が始めるのか…

嫌だな…。会社行きたくないな…。

 

と強く感じるようになり、

体調を崩したり、

体に倦怠感が現れる症状のことである(‘ω’)

 

これは会社員だけでなく

同じく月曜から学校が始まる

学生においても当てはまる症状だと

言われています。

 

かくいう私ケチャン

数あるサラリーマン経験の中で

土日休みだった会社に勤めていた時は

このサザエさん症候群になっていた時期が

ありました。

 

土日休みの場合、

金曜日の仕事終わりが

一番テンションが高く、

土曜日中はテンションMAX(*´∇`)ノ

 

しかし、

日曜日になると徐々に気分が下がり

夕方過ぎの、

ちょうどサザエさんが始まる時間帯になると

 

(ああ、もうこんな時間か…

明日からまた仕事だなぁ)

 

テンションが急降下

そしてエンディングを迎える頃になると

 

サザエさんが終わってしまう。

明日から本当に憂鬱だ…

 

状態になっていました(;´∀`)

 

そこから夜寝るまでの時間の

何とも言えない侘しさ

そしてようやく寝床に入るも

考えることは明日からの仕事の事ばかり

 

そして

このまま月曜日の朝が来なければいいのに…

と、現実逃避をしながら

いつの間にか眠りに落ち、

気付くと、憂鬱な一週間の始まりの朝を

最もテンションが低い状態で

迎えるわけです…(´・ω・`)

 

きっと世の中の会社員やOLさんたちは

同じような思いを

し続けているのではないでしょうか。

2.サザエさんの
エンディングが憂鬱

そんな全国の学生や社会人を

憂鬱の世界に引きずりこむ

サザエさん症候群。

 

そして最も憂鬱度が高まるのが

サザエさんの最後を締めくくる

エンディングではないでしょうか?

 

テレビ放送開始から

2019年で、ちょうど50周年を迎える

長寿番組であるサザエさん

 

エンディングもオープニングも

昔と変わらない、耳馴染のある、

あの曲ではあるが、

なぜかエンディングの曲を聴き始めると

心が切なくなる (´・ω・`)

 

もしあなたが同じような思い

しているならば

もしかするとサザエさん症候群

なっているのかもしれない。

 

そして、極め付きは

エンディング最後に

主人公のサザエさんとの一騎打ち

そう、「じゃんけん」だ!(°д°)

 

この「じゃんけん」に勝てたならまだしも、

万が一、負けるような事があれば

 

(負けた… _| ̄|○

きっと明日からの一週間も

ロクなことがないんだろうな…)

 

などと、占いの悪い結果のごとく

勝手に自己暗示をかけてしまう者も

いるとかいないとか。

 

このサザエさん症候群

実は、決して笑い事では済まない、

結構、深刻な状況に発展するケースも

あるようだ。

 

たとえば

サザエさん症候群によって

うつ病を患い、

会社に行けなくなってしまって

会社を辞めた事例もあるそうだ。

 

海外でもサザエさん症候群的な
物はあるのか?

では、日本以外の海外においても

このようなものは存在するのか?

ということについて調べてみたのですが

 

テレビアニメ・サザエさんが2013年に

最も長く放映されているテレビアニメ番組

として、あのギネスブックに認定された

ことから考えると、

出典元:https://www.excite.co.jp/

少なとも

日曜日の夕方の時間帯に

サザエさんと同じようなテレビアニメは

世界広しといえども

日本だけにしか存在しない

ということが言えそうですね(^-^)

 

ということは、逆に考える

サザエさん症候群のようなものは

日本人にしか存在しないのかもしれない…

 

ただ、

海外では(日本もだけど)

サザエさん症候群ではないのだが、

ブルーマンデー症候群

というものが存在する。

 

ブルーマンデー症候群は文字通り

月曜日になるとブルーな気持ちに

なってしまう症状のこと。

 

やはり世界の多くの人々にとっても

月曜日というものは

あまり好まれないものなのかもしれない。

 

…これらのことから考えると

日本人は

サザエさん症候群

ブルーマンデー症候群

ダブルパンチを受けている人が

多いと予想できます。

 

なのでひょっとしたら

世界中で一番、会社や学校に対する

ストレスを抱えている民族は

日本人なのかもしれないね(´・ω・`)

3.サザエさんのある日曜日。
そして月曜日をも克服する方法は?

これほどまでに

我々日本人の心をズタズタにする

サザエさん症候群。

 

そしてその

日曜日の夕方から

翌月曜日の朝を迎えるまでの

憂鬱な感覚

 

果たしてこれらを克服する方法

あるのだろうか?

 

そこで、私の経験も交えた

サザエさん症候群克服法

を挙げてみたいと思う。

 

サザエさん症候群克服法(*´∇`)ノ

◆休みと仕事の区別をつけない

土日休みの会社では

月~金が仕事土日が休み

が一般的な認識ですよね。

 

しかしこれだと、

金曜日の仕事を終えた時点

もう、気持ちはすっかり

休みモードに突入することになります。

 

つまり「嫌で憂鬱な平日

のんびり安らぐ土日という

スタイルが出来上がってしまうがために

日曜日の夕方から

あ~また嫌な平日が始まる…

という気持ちになってしまうのですから、

 

思いきって

土曜も日曜も仕事

自分には休みなどというものは存在しない。

自分の生涯はずーと仕事!

くらいの考えに変えてみましょう。

 

◆サザエさんを見ている暇が無いほど
何かに没頭できる趣味を見つける

サザエさん症候群になる要因

サザエさんを観る事による

休みと仕事への切り替えの再認識

によるもの。

 

なので、サザエさんを観るという

悪の元凶、じゃなくて、

この一家だんらん

くつろぎのひと時を味わう時間が無いほど

他の事に没頭すれば、

少なくとも、あの時間帯の憂鬱さは

回避できます。

 

◆月曜日が週の始まりだと思わない

土日休みではない職業の方は

そもそもサザエさん症候群にならない」

 

という事実があります。

 

なので先ほどの

◆休みと仕事の区別をつけない

と少し被りますが、

この事実を利用して、思い切って

月曜日=週の始まりだとは考えず

 

そもそも

一週間って何?休みって何よ?

くらいの考えでいると良いでしょう( ˊᵕˋ )

 

◆そもそも、サザエさんを観ない

サザエさん症候群になるような

諸悪の根源、じゃなくて

要因があるならば、

その要因自体を避けましょう。

 

意外だが、実は効果的な方法

◎運動をする

動物は運動をしないとストレスを感じます

それと同様に、

人間も動物であることから

運動をしないと

ストレスが積み重なっていく生き物です。

 

なので、

一週間にため込んだストレスの発散は

運動が非常に効果的です。

これはなにも、きついものでなくても

軽めのウォーキングやジョギングを

10分程度行うだけでも

かなりの効果が期待できるものです。

 

ただ、間違っても、仕事のストレスを

お酒や食べ物で解消しよう

思ってはダメです。

 

特にお酒一時的

ストレスが解消できたと

錯覚するだけで、

呑んだ次の日に感じる罪悪感により

ストレス発散どころか、

さらなるストレスを生み出す原因となります。

 

また、に走って発散させようとすると

増えた体重や肥えた体を見て

さらにストレスを感じることは

あなたも経験済みだと思います(;’∀’)

 

◎一週間は木曜日がスタート!
水曜日が週末だと思い込む

これは私ケチャン

実際にやったことがあります。

けっこうおススメです!(*´∇`)ノ

 

「今週も残すところあと2日。」と感じる

木曜日を週の始まりだと

認識するようにします。

 

こう考えると、

木曜日頃にモチベが下がってダレてくる

周囲の職場仲間に対して

 

自分は今日が一番パワーがある。

 

という意識になるので、

周りの人たちに対して

優越感を感じることができます。

 

もちろん、

仕事の無い土日もモチベは高く持続でき、

体力的にも精神的にも余裕があります。

さらには

サザエさんを観ても憂鬱な気分なんかには

全くなりません。

 

その調子で

水曜日を迎えると、

 

「よし。今週も頑張った。

明日からまた一週間がんばるぞ!」

という気持ちになるんです。

 

「なんだそりゃ?
それじゃあ、ちっとも休めないじゃんか」

 

と思ったことでしょう。

 

実は、人の脳は元々「現状維持」を

好んでする性質があるので

極端な言い方をすれば

休みが無い生活を続けていると

それに慣れてしまって、

苦痛に感じなくなります

(もちろん、疲労の程度にもよりますが)

 

そして、普段の仕事で不必要に

エネルギーを消費していることも

疲労の大きな原因となります。

 

そのあたりについては

当ブログの過去記事において

動画でも解説していますので

良ければ是非、ご覧ください(*´∇`)ノ

エネルギーのお話。作ることと漏れること、そして使うこと。

 

◎月曜日から始まる
一週間のプチ計画を立てる

サザエさん症候群

になってしまう原因の一つは

 

(月曜日から仕事をしなければいけない

行きたくないな…)

 

という受け身の姿勢であることです。

 

嫌な一週間が始まる
⇒そのカウントダウンのツールとして
「サザエさんの放送」がある

という、逃げ腰的な考え改めて、

能動的になることで、

自分が一週間を支配しているという

感覚にシフトすることがポイントです。

 

なので、

一週間、何をするのか?

それをこなすために

自分はどう動くべきなのか?

といったことを前もって計画しておく

 

受け身の姿勢ではなくなり、

サザエさんを観ても憂鬱になるどころか

戦いのスイッチが入る

きっかけになるかもしれません。

 

それでも克服できないのならば…

こういったことを行っても、

サザエさん症候群

から抜け出すことができない。

という方には

とっておきの方法があります。

それは

 

今の仕事を辞めること。

というよりかは

会社員を辞めて別の職業に就くことです。

 

「突然なにを!?」

と思われたかもしれませんが、

これは真面目な話です。

 

前記の通り、

私は以前、会社員として

会社に勤めていた時がありました。

そして、土日休みの会社にいた時は

やはり私も、サザエさん症候群

(とまではならなかったかもしれませんが)

と同様の状態で、

サザエさんを観ると、

毎週、憂鬱になっていました(-ω- )

 

そんな中で、

上に描いたような克服法をいくつか試し、

なんとか、その場しのぎのやり方で

この憂鬱さと闘ってきましたが、

 

結局のところ

会社員を辞めて、

インターネットでビジネスをすること、

自分で稼ぐことに

人生をスイッチしたことで

 

サザエさん症候群どころか

毎日、満員電車に揺られたり

上司や先輩からのパワハラや

嫌な人間関係を味わうことなく、

 

好きな時間に起きて、

好きな時間にパソコン1台で仕事をする

当然、ストレスを感じることもない人生を

歩むことができています(^-^)

 

つまり、

本気で自分のこれからの生き方を考えて

行動した結果、

自分の人生が180度変わりました

 

私のプロフィールをご覧になれば

お分かりかと思いますが、

私ケチャンは物心ついたときから

糖尿病と診断されて、

会社員時代も、大きなストレスを抱えながら

この病気と共に

日々の生活を送っていました。

 

しかし、

そんな自分の体のことや

度重なる転職による不安定な生活

強い不安を感じた結果、

これからは

「体にも心にも優しい生き方」

をしようと思い、

 

想いきってサラリーマンを辞めました

そしてネットビジネス・アフィリエイトを

ゼロから学んで取り組んだ結果

 

月収42万円という、

サラリーマン時代以上の収入を得、

その後も安定した収入を手にすることが

できるようになりました。

 

なので、

もしもあなたが毎週

サザエさん症候群

のような状態になりながら、

憂鬱な日曜日の夜から月曜日を迎えて

 

会社に行きたくない。

辞めたい。

 

という思いを引きずりながらの生活を

しているのならば

思い切って今とは違う生活を選んでみる

ということを強くおススメします。

 

インターネットが

ここまで普及した現代においては

パソコン1台あれば、

誰でも個人で収入を稼ぐことは

ごく当たり前にできることなんです。

 

そのことを知らない、

あるいは知っていても行動せずに

会社にしがみついている人

サザエさん症候群

になってしまうわけなんですね。

 

もしもあなたが少しでも

私のような生き方に

興味を持たれたのであれば

是非、アフィリエイトの世界を

少しでも良いので覗いてみてください。

きっと何かが変わると思いますよ(^-^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください